gitの初期セッティングでやっておくと良いこと

これは何?

gitの初期セッティングで何をやれば良いか整理

まず最新版をインストールする

homebrewを使ってインストールする

configなどの設定

設定ファイルは大きく3つある
1.システム全体 /etc/gitconfig
2.ユーザー ~/.gitconfig
3.リポジトリ リポジトリルートディレクトリ/.git/config

ユーザーごとの設定ファイルを編集には
git config –global –edit
で編集可能
(vi ~/.gitconfigでも可能)

設定する

・ユーザ名とメールアドレスの設定
commitしたときに入ったりする。とりあえず入れておく。
/.gitconfig

・エイリアスの設定
git branchとかgit checkoutとか打つのが面倒なので設定しておくと便利

/.gitconfig

・その他やってくと便利な設定
git statusしたときなどに日本語ファイルなどが正しく表示されない時があるので、以下を設定しておく
git config –local core.quotepath false

.DS_Storeの変更を無視したいので以下を設定しておく
git config –global core.excludesfile ~/.gitignore_global
とするか、直接/.gitconfigして以下を追加

vi ~/.gitignore_global
.DS_Storeを追加

これで.DS_Storeを無視する設定が全体に適用される。

参考

https://openstandia.jp/oss_info/git/version/
https://qiita.com/peccul/items/90dd469e2f72babbc106

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク